ヘアアイロンの基礎知識|ヘアアイロンを使って理想的なストレートヘアを手に入れよう

アイロンを使えばストレートもカールも思い通り

ヘアアイロンの基礎知識

ヘアアイロン

アイロンの注意点

ヘアアイロンで、よりキレイでツヤのあるストレートヘアにするために気をつけるべき項目を知っておきましょう。ヘアアイロンを利用するときに知っておきたい注意点は、ヘアオイルはつけない・髪が濡れた状態で使わない・アイロンの温度に気をつけるの3つです。1つ目の「ヘアオイルはつけない」について説明します。ヘアオイルは、髪をキレイにして外からのダメージを守ってくれる便利なアイテムですが、アイロンがけの前に、オイルをつけることは避けましょう。アイロンは高温で髪を温めることで、髪の毛をまっすぐにします。そのため、オイルをつけてヘアアイロンをかけてしまうと、髪についているオイルまで熱くなってしまい、熱くなったオイルが髪へダメージを与えてしまう恐れがあるのです。2つ目の注意事項は「髪が濡れた状態で使わない」ことです。ドライヤーで髪にくせをつける場合は、髪をあらかじめ湿った状態でやるとくせがつきやすく効果的です。しかし、ヘアアイロンの場合は、髪を湿らせた状態で使うのはNG事項になります。これも高温で髪をまっすぐにするヘアアイロンならではの注意点です。アイロンをかけることにより、髪の毛にある水分が熱くなってしまうと、水分が蒸発してしまい髪の毛のキューティクルにダメージを与えてしまいます。アイロンがけを行う際は、ドライヤーでしっかり髪を乾かす必要があります。3つめの注意点が、「アイロンの温度に気をつける」ことです。少しでもくせっ毛をストレートにしたいからといって温度をあげすぎると髪をひどく痛めてしまう恐れがあります。そのため、アイロンは基本的に180度以下の温度で利用するようにしましょう。また、温度が低すぎることも問題です。温度を低くしすぎると何回もアイロンをかける必要が出てくるので、その場合も結果的に髪を痛めつけてしまいます。アイロンをかける時はこの3つの点だけは忘れないようにしましょう。

ヘアアイロンの選び方

様々な種類があるヘアアイロンは、サイズと機能性の2つで選ぶと自分に合ったヘアアイロンを見つけることができます。ヘアアイロンを選ぶ際に最も注目すべき点がアイロンのサイズです。アイロンにはカールサイズが記載されています。このカールサイズは、あなたの髪の長さで決めましょう。例えばショートヘアの場合は、25mm、ミディアムヘアの場合は32mm、ロングヘアの場合は38mmが基準になります。自分の髪の長さに合ったカールサイズを選ぶとアイロンがけは、とてもやりやすくなります。また、サイズの他にも機能性にも注目するようにしましょう。アイロンには、ブラシと同じような手軽さでアイロンをかけることができるロールブラシアイロンや、簡単にカールをかけることができるイージーカールアイロンといった機能別で様々なアイロンがあります。自分がどういった髪型を目指していて、どのような機能があるとやりやすいかを考えると自分に最適な機能を見つけやすくなります。新しくアイロン購入を考えている方は、以上の2点をふまえて自分の髪の長さと髪型の目的でヘアアイロン選びをするようにしましょう。

巻き方の種類

ヘアアイロンを利用してできる髪の巻き方の種類をみていきましょう。髪の代表的な巻き方には3種類あります。1つ目の巻き方はフォワード巻きです。髪を内側に巻いていくスタイルで、清楚で上品なイメージにみせることができます。2つ目の巻き方がリバース巻きです。フォワード巻きとは反対に、髪を外側に巻くスタイルです。フォワード巻きとは違って、明るく華やかなイメージを出すことができます。最後の巻き方がミックス巻きです。内側に巻いていくフォワード巻きと外側に巻いていくリバース巻きを上手く混ぜることで両方のイメージを合わせもった立体感のあるスタイルにすることができます。髪の長さはそのままでも、巻き方を変えるだけでイメージは変えることができます。その日の気分に合った巻き方にトライしてみましょう。

理想的な髪型にしよう

ヘアアイロンを使うと、美容室に行かなくても自分の理想的な髪型を手軽に作ることができます。初めは慣れが必要ですが、慣れてくると簡単にカールをしたりストレートにしたりすることができるので、アイロンを使ったスタイリングが楽しくなることでしょう。

広告募集中